☆中小企業経営・中小企業政策(2021年度) 特化ブログ★

「努力が報われる科目」と言われる割に、情報量が少ない「中小企業経営・政策」。予備校のテキストに書いていない補足論点を中心に掲載し、ブログとして「差別化集中」しています。皆さんにとってこの科目が得点源となるように、精一杯情報を更新していきたいと思います。本試験でのご健闘をお祈りしています。

価格設定の類型~強気で行こう!中小企業!~

2020年版中小企業白書によると、企業が販売価格を設定する際の類型として、(1)コスト起点型、(2)顧客起点型、(3)競合起点型があります。 (1)コスト起点型:コスト回収をし、一定の利益を確保できる価格に設定する(自社の売りたい価格) (2)…

主な法律(計画)のスキーム【頻出論点!】

中小企業政策の分野では、様々な政策のスキームが登場します! 覚えることが多いので大変ですが、実はよく見るとパターンが決まっているんですね♪ ここでは、主な法律(計画)の「スキーム」について、まとめたいと思います。 結論から言いますと、主な計画…

事業再構築補助金について(中小企業政策の補足論点)

さて、2021年度版の予備校テキストでは、あまり強調されていない政策ですが、コロナ禍の今、注目を集めている「事業再構築補助金」について、紹介します。 私自身、最近になって、診断士としてこの補助金のプロジェクトに関わる機会に恵まれ、重要と感じたた…

おすすめのサイト

最近、「中小企業経営・政策以外の説明はないの?」というお問い合わせを頂く機会が増えてきましたため、ここで、一次試験の他科目・二次試験を勉強する上で、皆さまにお勧めしたいサイトをご紹介します! 診断士試験に関するサイトは、数多く存在しますが、…

ニッチトップ企業の特徴と国の政策

まず、「ニッチトップ企業」とは、限定された特定分野で競争力のある独自の製品を保有し、高いシェアを有する企業のことです。国内ニッチトップ企業・グローバルニッチトップ企業共に、「1.類似のない新製品・サービスの開発」、「2.製品・サービスの高機…

中小企業経営・政策の勉強法(2021年版!)

このブログをご覧になっている方は、ある程度診断士の学習が進んでいる方かと思いますので、中小企業経営・政策(特に「経営」の部分)は、過去問学習があまり効果的ではないことはご存知かと思います。 受験予備校や他のサイト等で紹介されている通り、中小…

中小企業の付加価値額とその向上策

「中小企業白書2020年版」中小企業庁編 pⅢ-36、Ⅲ-39、 総務省・経済産業省「平成28年経済センサスー活動調査」によると、 2015年時点で、中小企業の付加価値額の割合は52.9%、中小企業の付加価値額の割合は14.0%あります。 一方で、従業員一人当たりの付…

下請取引についてのまとめ

「中小企業政策」的視点 独占禁止法の特別法として、下請代金支払遅延等防止法があります。 <下請代金支払遅延等防止法> 〇適用範囲 親事業者:資本金3億円超え⇒下請事業者:3億円以下 親事業者:資本金1000万円超⇒下請事業者:1000万円以下 (情報成果…

知的財産所有の効果と事業承継に関する課題・施策(「経営」と「施策」の絡み)

<中小企業経営の視点> 「中小企業白書2020年版」中小企業庁編p.Ⅱ-220, 222, 224,226 中小企業庁「平成30年中小企業実体基本調査」より ・知的財産を所有している企業の割合は、下請法上の「委託事業者」が高いです ⇒知的財産を所有している企業は、サプラ…

知的財産に関する施策

<特許料等の減免措置> 中小企業経営の2021年出題範囲(2020年中小企業白書内の「知的財産権の活用」)の中で、中小企業の特許の出願件数の割合が著しく低い(14.9%)旨説明した図表があります。 これは特許権取得の際に必要となる費用(=審査請求料、特許…

中小企業(中小法人)の軽減税率15%について

資本金1億円以下の中小法人について、年所得800万円以下の部分は軽減税率15%が適用される旨、受験予備校のテキスト・問題集に記載があるが、「令和3年3月31日までの時限措置」等の記載があります。 今年の試験日は、例年より少し遅く、新しい情報で試…

知的財産権の活用

まずは、経営法務との絡みで、各産業財産権の特徴を記載します。 <各産業財産権の特徴> 特許:技術的思想の創作のうち高度のもの 技術(アイデア、ノウハウ) 権利取得にかかる費用が高い 実用新案:技術的思想の創作 物品の形状・構造・組み合わせ(技術…

日本政策金融公庫の主な貸付(融資)制度

頻出論点である日本政策金融公庫の3つの貸付制度について、説明します♪ その前に、前提として、重要な補足論点をご紹介! ★重要な補足論点★ いずれも対象資金は「設備資金および運転資金」です!! ※設備資金とは、資産性のある設備を購入する資金で、貸借…

3つの共済制度【中小企業政策】

本試験での頻出論点である共済制度について、以下表にまとめました。 予備校のテキストに記載されているものより情報量が多いですが、これくらいは押さえておいた方が試験当日有利に働くと思います。 他の政策でも論点になるのが「貸付条件」。中小企業倒産…

中小企業の位置づけ

中小企業経営の中小企業の位置づけについて、主要な産業のみピックアップして、図にしました。科目の概要を俯瞰する意味で確認頂けると良いと思います。 予備校テキストや中小企業白書の図は個人的に見にくいと感じたので、大分端折っています。数字も丸めて…

中小企業経営 2021 中小企業等経営強化法の「経営革新の支援」の内容が変わった!

「経営革新の支援」とは、中小企業者が経営革新計画を作成し、国または都道府県に承認されると支援策を利用できるという制度です。 【2021年度注意点!!】 経営革新計画に盛り込む「経常利益」が「給与支給総額(年率1.5%以上)」に変更となったので、2021…

中小企業経営・中小企業政策の意義

診断士特有の科目である中小企業経営・政策!その内容は他のすべての科目・2次試験のベースとなり、診断士になってからも大いに役立つ知識を得られる科目です(^^)/ 巷では「他の科目」や「2次試験」との関係性が薄く、「暗記科目」で片づけられていますが…

【A問題】H30中小企業経営・政策 第14問(設問1)

【A問題】 第14問 設問1次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業基本法は、中小企業施策について、基本理念・基本方針等を定めている。同法の基本理念では、中小企業を「多様な事業の分野において特色ある事業活動を行い、多様な就業の機会を提供し…

【A問題】H29中小企業経営・政策 第13問

【A問題】 H29中小企業経営・政策 第13問 中小企業基本法に基づく,中小企業の範囲に含まれる企業として,最も適切なものはどれか。 ア 従業員数60人の飲食店(資本金 6 千万円) イ 従業員数150人の飲食料品卸売業(資本金 1 億 5 千万円) ウ 従業員数…

R2 経営法務 第6問 設問2

以下の会話は、X株式会社(以下「X社」という。)の取締役甲氏と、中小企業診断士であるあなたとの間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。なお、X社は、会社法上の大会社ではなく、かつ公開会社ではない。甲 氏:「X社は、これ…

【A問題】R2 経営法務 第6問 設問1 取締役会の人数

【A問題】 R2 経営法務 第6問 設問1 以下の会話は、X株式会社(以下「X社」という。)の取締役甲氏と、中小企業診断士であるあなたとの間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。なお、X社は、会社法上の大会社ではなく、かつ公…

【C問題】 H30 運営管理 第1問

【C問題】 H30 運営管理 第1問 生産における管理目標(PQCDSME)に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ア 職場環境に関する評価を行うために、検査によって不適合と判断された製品の数を検査対象の製品の総数で除して求められる不適合率を用いた。 イ…

【C問題】 H30 財務・会計 第4問

【C問題】 H30 財務・会計 第4問 A社は、20X1年12月31日にB社株式の 80%を 85百万円で取得した。取得時のA社およびB社の貸借対照表は以下のとおりである。なお、B社の諸資産および諸負債の簿価は、時価と一致している。取得時におけるのれんと非支配…

【C問題】 H30 財務・会計 第3問

【C問題】 H30 財務・会計 第3問 当社は本店のほかに支店があり、本支店間の債権債務は支店勘定および本店勘定により処理している。当月は、本支店間で以下の資料に記載された取引が生じた。月末時点における本店の支店勘定の残高として、最も適切なものを…

【B問題】 R2 財務・会計 第4問

【B問題】 R2 財務・会計 第4問 B社は、定時株主総会において、繰越利益剰余金を原資として6,000千円の配当を行うことを決議した。なお、配当を行う前の資本金は18,000千円、資本準備金は1,000千円、利益準備金は 3,000千円であった。このとき、積み立て…

【C問題】 H30 財務会計 第13問

【C問題】 H30 財務会計 第13問A社は、額面 100 万円の社債(償還までの期間が 3 年、クーポン・レート 3 %(年1 回払い))を発行しようと考えている。現在、複利最終利回りは 2.0 %と予想される。このとき、A社の社債の価格はおよそいくらと考えられ…

【B問題】 H30 財務・会計 第11問 設問2

【B問題】 H30 財務・会計 第11問 当社の当期の損益計算書は以下の通りであった。下記の設問に答えよ。 損益計算書 売上高 240,000 千円 (販売価格200円×販売数量1,200千個) 変動費 96,000 (1個当たり変動費80円×販売数量1,200千個) 貢献利益 144,000 …

【A問題】 H30 財務・会計 第11問 設問1

【A問題】 H30 財務・会計 第11問 当社の当期の損益計算書は以下の通りであった。下記の設問に答えよ。 損益計算書 売上高 240,000 千円 (販売価格200円×販売数量1,200千個) 変動費 96,000 (1個当たり変動費80円×販売数量1,200千個) 貢献利益 144,000 …

【A問題】H27運営管理 第2問

【A問題】 H27 運営管理 第2問見込生産の特徴に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。a 多品種少量生産である。b 需要変動はなるべく製品在庫で吸収する。c 営業情報やマーケットリサーチ情報に基づき需要予測を行い、…

【A問題】H27運営管理 第1問

【A問題】 第1問ある製造ラインでは、下図に示すように、第工程から第工程を経て製品の加工が終了し、出荷される。各工程で不適合品が発生した場合には、手直し工程で手直しされる。投入された製品はすべて次工程に送られ、直行品と手直し品には品質に差は…